アラフィフからでもモテる男になれるのか検証するブログ > 人生とは自分の考え方次第で変えられる
2017年05月02日

人生とは自分の考え方次第で変えられる

世の中GWに入り、皆さん楽しい日々を過ごされていることと存じます。

僕はGWに入っても相変わらずナンパ地蔵という大きな壁に前を塞がれ、むしろGWに入ってからの方が精神的に苦しい日々を過ごしています。

どうにかしてこの苦しい精神状態から抜け出したいのですが、なかなか良い案が思いつかないんですよね。やめてしまえば楽なのかもしれませんが、そういう解決方法だけは絶対にしたくないんです。

まぁそういう状況が続いているので、今回のエントリーでもマインドとか、「思考は現実化する」みたいな成功哲学的なところについて今思うことを書いてみようと思います。

前週の1週間の声掛け目標はたったの4声掛けだったのですが、2声掛けしかできず目標達成できませんでした。1日の目標ではなく1週間で4声掛けですよ。しかもGWも始まって時間もたっぷりあったにも関わらず、こんな低い目標すら達成できないのは何故なんでしょうね・・・そこらへんを考えてみようかと。。。

ですが、その前に・・・

2声掛けしかできなかったのですが、実は1バンゲできました。前回の見直しで連れ出しバンゲの数値目標を上方修正したのですが、現段階での実績の数値が見直し後の予定の数値にまた追いついてしまいました。ということは、現状の自分の能力のままでも最終的な数値目標を達成してしまう見込みが高いということになります。現状の能力に満足はしていませんので、更なる成長を促すためにも再度目標を上方修正します。

ストリートナンパで2019年末までにトータル3000人に声掛けする。そのうちの175人166人150人を連れ出すかもしくはバンゲする。さらにその中から10人をゲットをする。


今回も数値的には連れ出しバンゲの目標のみ上方修正しましたが、ゲットの目標についても前回同様1週間達成日を前倒しの予定に変更しています。予実績のグラフは以下のようになりました。

■ 声掛け数とバンゲ・連れ出し数の予定・実績グラフ
bange20170502.png

■ バンゲ・連れ出し数とゲット予定・実績グラフ
get20170502.png

因果関係があるかどうかは不明ですし証明できませんが、バンゲ連れ出しに関しては目標を引き上げたことに連動したかのように結果も出るようになりました。まぁたまたまというか、一般的に今が一番結果の出やすい時期だからというのが一番妥当な理由だと考えられますが。しかしもしかしたら前回書いた認知的不協和から脱したい気持ちが結果を引き寄せるのかもしれません。

一方声掛け数に関しては逆に目標を下回ってしまいました。冒頭にも書きましたが、目標を達成するために必要な時間はたっぷりあったにも関わらずです。

前回記事に書いた通り、少しでも結果が出ると、結果を出せない時よりも強力なホメオスタシス効果(恒常性維持機能)が元の自分に引き戻そうとします。前週もそういう部分があったかもしれませんが、そうならないようにかなり意識はしていました。しかし結局出撃しても何時間も声掛けできず、挙句の果てにパチ屋に入ってしまったりと、思いとはまったく裏腹な行動ばかりしてしまいました。

何故僕はこんなにも自分の意思通りに自分をコントロールできないんでしょうかね・・・

ところでナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」と言う有名な自己啓発書がありますよね。


僕も大好きで20年くらい前から読んだりとかしていたのですが、自己啓発書好きな方は読んでいる方も多いのではないかと思います。

この本に記されている成功の黄金律をきっかけに成功された方はいるとは思います。ただ僕の周りでは今のところこの成功哲学のおかげで成功したという方はいませんし、ネットなどの情報源からも成功したという話をほとんど見たことはないです。

本の内容を絶賛されている方はたくさんいますし、いろんな自己啓発書のベースになっている考え方だと思いますし、最近ちょっと勉強しようとしているコーチングの理論とかもこの考え方がベースにあると思います。改めて言いますが、僕もこの考え方は好きで教えに従って実践したいと思うんです。

でも望む思考はほとんど現実化しないんですよね〜(^^;

で、何でかなということでネットでちょっと検索してたら、あ、なるほどな!と思う記事がありました。

どういう内容かと言うと・・・

「思考は現実化する」の思考とは、無意識の中でも最も深い、思考の前提部分であると言っていました。例えば「お金がほしい」ということを願ったり考えたりすることは、「自分にはお金がない」ということが前提になっていて、その前提の無意識的思考が「思考は現実化する」の思考だと。

だから意識的思考でお金がほしいと思い続けているかぎり、その前提であるお金がないという前提が現実化され続けるという理屈。

もう一つ面白い例えとして、ヤフー知恵袋で、

「何度やっても思考が現実化しません、どうすれば思考は現実化するんですか?」

という質問に対し、

「なにを言ってるんですか、何度やっても思考が現実化しない、ってことが現実化してるじゃないですか」

という回答があったことを紹介していました。

質問者は思考を現実化させたいワケですから、「自分は今、思考を現実化できていない」ということが前提になっており、だからその「できていない」という思考(前提)が現実化している、というだけなのだと。

う〜む・・・なるほど。理屈は分かったけど、でもどうすればよいのでしょう?

この記事を書いた方が言うには、まずは前提を知ること、自覚することだと言っています。自分の表面上の思考や感情、行動などは無意識的な前提により決まってしまいます。だからその前提を知らないことには変えることができないってわけです。自分の日常のあらゆる場面で前提を自覚するということが、難しいけど大事だと言っています。

まぁ結局マインドのことなんですけどね。マインドが変われば見方(思考)も変わるし行動も変わるので、その時の思考が現実化するんですよね。で、今は今の僕のマインドで思考が現実化されているわけで、今この瞬間も今後もずっと現実化され続けていくってことを理解する必要があるってことですね。

で、結局まとめられないのですが、表面上の意識で意識し過ぎないってことでしょうかね。地蔵しない人が地蔵対策なんて考えませんよね。地蔵してしまう前提だから地蔵対策を考えようとし、そして前提通り地蔵が現実化してしまいます。自分の前提を地蔵しない人というマインドにしなきゃいけないって話っす。

そうは言ってもムズイ。でもこういうのを越えていくのが楽しいんだろうな、と思うんですよね。

■ 今回の名言
ウィリアム・ジェームズ
ある程度の年齢になると、人生とは自分の考え方次第で変えられるものだということが分かる


スポンサーリンク






スポンサードリンク



posted by タケシ at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449513409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック