2014年05月07日

久々、スト高からLineゲット!

■ 2014年5月5日
■ 場所:Y駅周辺
■ 活動時間:約5.5時間
■ 声掛け数:3人(通算274人)
■ バンゲ:1人(通算8人:2.9%)

外に出た時小雨が降っていたので、一瞬どうしようかなと思ったのだが、やはりナンパ弱者の身としては贅沢を言ってられない。出られる時に出るべきだし、むしろこういういまいちな天候こそ出るべきなのかも、と言い聞かせ出撃した。

どうしてもO駅周辺で最低1声掛けしたいのだが、雨模様だと更に困難になる場所なので断念。Y駅周辺へ向かった。

Y駅到着16時頃。

スポンサーリンク







続きを読む

posted by タケシ at 00:00 | Comment(0) | ナンパ実践報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月04日

ハーフハーフ確率論

■ 2014年5月3日
■ 場所:O駅周辺
■ 活動時間:約2時間
■ 声掛け数:0人(通算267人)

この日は計5日間に及ぶGW中の休日出勤最終日。くらさんからお誘いがあったので、定時であがってY駅周辺へ行く予定だったのだが、急遽くらさんが来れなくなったとのことで、Y駅周辺ではなく、O駅周辺へ向かった。

スポンサーリンク







続きを読む

posted by タケシ at 00:00 | Comment(0) | ナンパ実践報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月03日

社会的証明の原理で

■ 2014年5月1日
■ 場所1:O駅周辺
■ 場所2:Y駅周辺
■ 活動時間:約7時間
■ 声掛け数:2人(通算267人)

この日まずはO駅周辺。

スポンサーリンク







続きを読む

posted by タケシ at 00:00 | Comment(0) | ナンパ実践報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月28日

ナンパで得られることは大きな気付き

■ 2014年4月27日
■ 場所:O駅周辺
■ 活動時間:約4時間
■ 声掛け数:0人(通算265人)

この日はO駅周辺に出撃。

スポンサーリンク







続きを読む

posted by タケシ at 00:00 | Comment(0) | ナンパ実践報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月27日

主演女優になりそこねた女性との出会い

僕のナンパに対する夢は、ナンパで男としてのスキルを磨き、最終的にモデルや芸能人クラスの美女と一夜を共にすること。実現性があるかないかは別として夢を見るだけなら自由である。

さてここでひとつカミングアウトする。

僕は11年ほど前、35歳の時にSNSで知り合った10歳年上の当時45歳の女性と会った。一緒にカラオケに行った後、スーパーの駐車場に止めていた車の中でこの女性とセクした。年上の女性、40代の女性、そして車の中、全て初めての経験で、その後もこのような経験はなく最初で最後の経験となっている。

そしてこの女性の言っていることが真実ならば、若い頃は女優を目指していたらしい。しかもオーディションにも合格し、主演映画までほぼ決まっていたらしいのだ。しかし親の反対により女優の道を断念し、ごく普通の主婦になったというのである。

若い頃の写真を見せてもらったが、そこには確かに華のある美しい女性が写っていた。45歳になっても当時の面影は残っている。だからこそ僕は行為に踏み切った。

ちなみに主演するはずだった映画に、彼女の代わりに主演を務めたのは誰もが知る大物女優だという。今ではバラエティ番組などでもよく見かける人だ。

芸能人クラスを広義で捉えるならば、僕は既に夢を実現していることになる。映画の主演女優クラスの女性と交わったのだ。しかし残念ながら僕の目に映った女性はおばさんにしか見えなかった。

もしその女性が女優になっていたら、SNSで出会うことなんかありえなかっただろうし、いつまでも美しさをキープしていたかもしれない。

その後もこの女性とメールのやり取りはしばらく続けたが、結婚を望んでいるのがありありと感じられたので僕は連絡を絶った。当時彼女は旦那さんに先立たれて独り身、僕もバツイチで独身だった。

正直この女性に憐れみを感じずにはいられなかった。女優になっていたら、SNSで知り合った僕みたいな男にすがるようなことはなかっただろう。今でも思い出すとなんとも言えない気持ちになる。

こんな経験をしているだけに、今後も出会うはずがないと思えるような人に出会ったり、有り得ない出来事が起きても不思議ではないと思える。

当時の僕はいろんな事が嫌になり投げやりに生きていた。寂しさを紛らわすためにSNSをやっていたが、出会う女性はみんな僕のレベルに見合う寂しい女性達ばかり。そんな女性達と一夜を共にしても心が晴れるわけもなく、むなしさばかりが増幅していった。

だが今は違う。僕は自分のレベルを上げようと多少なりとも努力はしている。ずっと目を背けてきた自分の弱点を克服しようと茨の道を進もうとしている。

自分のレベルが上がれば夢に近づく、可能性は0ではないと信じ、まだまだ頑張ってみようと思う。

スポンサーリンク







続きを読む

posted by タケシ at 00:00 | Comment(0) | ナンパ実践報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする